選手のみんなへ 2018

【2018/02/22】

寒いですね。
関東地方で雪が降っている地域もあるようです。
 

今日はバッティングについて書かせていただきます。
バッティングにはいろんな考え方があり、私はそれらを否定するつもりはありません。
その人にとって一番結果が出せる方法なのだと思いますし。。。

個人的に賛同できる動画を見つけましたので、共有させていただきます。

参考になれば。
 

【改】腰は回してはいけない?!正しい下半身の使い方とは?

 

自分も昔は軸足回転でパワーを出すスイングを、という考えでいました。
息子(現在高一)と一緒に野球に取り組みながら、前足軸でスイングをするというこの考え方と出会いました。
実際に指導を受けに行き、方法を息子にとっては非常に合っていたようで、内容も結果も目に見えるように挙がって行きました。(実際に習得には数年かかりましたが、まだまだ極められてはいません)
現在もこの打ち方を継続してやってくれています。
 

小学生の今、いろんなやり方にチャレンジした方が良いと思います。
その中で自分に合うもの合わないものの判断をして、将来に向けて自分のフォームを作っていくことが良いのではないでしょうか?

自分に対して疑問を持つことが大切です。
この打ち方で良いのか?この投げ方の良いのか?と。
その疑問に、まずは試してみるという繰り返しで良いと思います。

やらなければそのまま、やれば見えてくるものがある。

 

ファイターズの卒団生も、みんな頑張って野球に取り組んでくれています。
野球に全力で打ち込んでくれている姿を見ると、心の底から応援したくなります。

そうやって頑張っていても、なかなか自分の思うようにならない選手の話も耳にします。
思うような結果が出せない、レギュラーになれない、希望の高校に行けないなど。。。
そういう選手には、結果を出せるように一緒に取り組んであげたいです。

 

そういう一方、そこに到るまでのプロセスをしっかりと取り組んでいたのかという考えも浮かびます。
私は現在中学硬式チームの選手指導をやらせていただいていますし、息子も現役の高校球児なので、たくさんの選手を見ていますが、伸びる選手に共通して言えるのは、基礎力を持った選手であるように思います。
今からでもいい、もう一度基礎という観点を持って練習に取り組んでもらいたいと思います。

 

壁にぶち当たることもあるでしょう。そんな時は、下グラに遊びに来て欲しいと思います。
自分のルーツがそこにはありますよ。前もって来れる日を教えてくれれば、私も下グラに行きますので。
 

 

【2018/02/15】
久しぶりに書かせていただきます。

まずは、ホームページの再開おめでとうございます。
これで選手のみなさんの活躍を見てもらえますね。

卒団式も終わり、6年生は新たなチャレンジが始まっています。
新しい環境では、これまで経験したことのない壁などが出てくるでしょう。
それでも新しい目標に向かって突き進んで欲しいと思います。

 

先日、短い時間ではありましたが練習にお邪魔させていただきました。


まず感じたのは、基礎部分がずいぶん疎かにされているなということです。
ひとつひとつのプレーを大切にしていない。

正直愕然としました。

なぜ足を使えと言われているのか?

なぜ声を出せと言われているのか?


一度考えることが必要だと思います。

自分が思うようなプレーが出来た方が楽しいのがスポーツです。
このままでは、試合でもミスが出てしまい、楽しいわけがありません。
これでいいのでしょうか?



もうすぐ公式戦。

これが始まれば一気にシーズンは過ぎていきます。
危機感を持ってこれからの練習に臨んでくれることを願います。

ページ最上部へ戻る