選手のみんなへ 意識してほしいこと

野球は思いやりのスポーツです
野球って、どれだけ相手がやりやすいようにしてあげるか、というスポーツです。
捕りやすい送球を投げてあげること、バックアップすること、相手が投げやすいようにグラブのポケットを見せてボールを待つのだってそうです。
声かけだってそうですよね。

まわりのことを考えてプレーをする選手になってください。

声を出した選手は絶対に捕りにいってください
フライがあがりました。
「オッケー!」と言った選手は、絶対にその打球を捕ってください。

もちろん声を出すだけでも良いことなのですが、そういう低いレベルの話ではありません。

まわりの選手は、その声を聞いたらボールを捕りにいきません。
途中であきらめて捕らなかったら打球は落ちてしまうのです。
しっかりと打球を見極めて、すぐに判断をしてほしいです。
また、周りの選手たちは、捕る選手を言ってあげましょう。

次の塁に行くとき
次の塁を穫りにいくときには、絶対にスライディングです。
確実に次の塁に進む。当然のことです。

リードの帰塁は手で戻りましょう
まずはリードはしっかりと距離を取ってください。
そうしないと次の塁に行けませんよ。
ランナーはピッチャーの動作を観察して、牽制なのか投球なのかを見極めなくてはなりません。
相手ピッチャーが牽制をしてきたときには、手での帰塁を徹底してください。

状況を理解しましょう
自分が打席に立っているとします。
ボールカウントをわかっていますか?
アウトカウントをわかっていますか?
ランナーはいますか?
何も考えないでプレーをするというのは、幼稚園生レベルの話です。
まわりの状況をしっかりとアタマに入れ、どうしたら良いのかを考えなければいけません。

これは守備の時も同じです。
まずは状況を理解し、そうすれば良いのか考える。
これを徹底していきましょう。

失敗するのには必ず理由がある
失敗してしまった。。。なんてよくある話です。
わざと失敗するという選手はいませんよね。失敗は仕方のない事です。

しかし、その失敗をそのままにしては進歩ができません。
試合や練習が終わってからでいいので、なぜ失敗してしまったのか?を自分でちゃんと考えてみましょう。

失敗には必ず理由があるのです。
まずはその理由を理解することが必要です。理由さえわかれば、自分で解決できますから。
自分で解決できれば、それは完全に自分の知識と技術になってくれますよ。
わからない時には、監督・コーチに聞いてください。

ボールの見逃し方も大事です
ボールを見逃すとき、それでもしっかりとタイミングを合わせて踏み込んでおいてほしいんです。
ピッチャーがボールを投げて、早いうちにボールだとわかっていても、タイミングを合わせることは重要なんです。
当然その次のボールもあるわけですし、しっかりと打つ準備をすることになります。
そうすれば打てる確率が相当あがりますよ。

それと、みんなストライクとボールの見極めが早すぎると思います。
ボールと思ったら、もう打つ準備をしない。そんなのありえません。
たとえボールでも、振り出す寸前まで準備をするようにしておいてくださいね。

チーム練習は自主練習の成果を披露する場
特に高学年の選手に。
平日、自宅で自主練習はしていますか?
これから続く大会の対戦相手が、どんどん強くなってきます。

できれば、自宅での自主練習をしてきてください。出来るだけやってほしい。
自宅で練習をしてきた選手は、スイングが違います。
監督やコーチがスイングを見れば、練習してきたかどうかがすぐにわかるのです。
バットを20回真剣にスイングするだけでもいいですから。
でもね、ただ力いっぱい振れば良いというものじゃないんです。
しっかりイメージして、ピッチャーが投げたボールを打ち抜く感じで。

チームの練習は、その自主練習の成果を見せる場所にしましょうよ。
やった分はプレーに絶対に出てきます。
がんばれ。

※あと、お風呂を出たときにストレッチもするといいですよ。

常に先の塁を狙う気持ちを持ちましょう
選手のみんなは次の塁をとっていくという気持ちが少ないと思います。

たとえば、ワンアウト一塁でライト前ヒットが出たとします。
自分が一塁ランナーで、二塁に着塁した時点で安心をしていませんか?
ひょっとしたらその打球をライトの選手が捕れないなんてこともあるでしょう。
そんな時には、三塁に進塁できるかもしれないのです。
ワンアウト二塁と、ワンアウト三塁。どっちがチャンスだと思いますか?
わかりますよね。ワンアウト三塁に決まってます。

牽制球が来ました。
ファーストからピッチャーへの返球が悪送球になってしまい、ボールは三塁側ベンチ前にコロコロと。。。よくある光景です。
みんなはピッチャーへの返球を見ていますか?

そんなことが試合中にはたくさんあります。

タッチアップ、考えていますか?

そこを見逃さずに次の塁を狙う。そんな選手になってほしいです。
ヒットを打って塁に走ります。
それだけで安心をしないで欲しいんです。
返球がそれてしまってエラーをするかもしれませんよね。
いつでも次の塁に行く意識を持ってください。

特にこの意識は、大人になってからだと、なかなかつきにくいと言われています。
今は、とにかく次へ次へと狙っていく気持ちを持ってくださいね。

それから、打球はどうであれ、一塁までは全力疾走は絶対です。
わかるよね?

普段から丁寧に野球をしましょう
いつも丁寧に野球をやりましょう。
キャッチボールのときに、気が抜けているのか、山なりのボールを投げている選手を見ます。
試合中にそういうボールを投げるでしょうか?

その他のところでも、一球を雑に扱っている選手がたくさんいます。
もっと大切に、丁寧にボールを扱ってください。
ひとつひとつの動作に、気持ちを込めて日々の練習をしてください。

そもそもキャッチボールは「肩ならし」のためだけではないんですよ。

そういう気持ちの入っていない選手は、絶対に上手になれないのです。
それに、普段の行動が試合に必ず出てしまいますよ。

常に打つ気持ちを持って
打席に入ったら、まずはボールに集中してください。
もちろんストライクを打ちにいくわけですが、バットを振り出したら、この時にはもう迷いは捨ててください。打ちに行ってしまったら、もう思い切って最後まで振り切ってほしいんです。

迷うことがクセになってしまうと、この先、中学・高校でも同じようにバットが出せなくなってしまう可能性が高いのです。
結局、そういう迷ったスイングでは中途半端な打球しか出ません。
思い切り打てなくなってしまうのです。
すごく単純なお話ですが、同じアウトになるのでも、中途半端よりも思い切った方がスッキリとしますよね。

とにかく行くと決めたらフルスイング!これね。

試合前から試合は始まっています
実は、試合前から試合は始まっているのです。

試合会場に到着して、アップをします。
これは、試合前にカラダを動かせる貴重な時間。
ここで何をやるかということで、これから始まる試合でどんなプレーができるかが決まってしまいます。

残念ながら、アップをいつもいい加減にやっている選手がいます。
地面を見つめながら走る選手、しっかりとストレッチしない選手、キョロキョロしていて集中できていない選手などなど。。。
<カラダの各箇所をしっかりと動かしたり伸ばしたり、試合でどんな動きでも出来るようにしておくことが大切です。

これはね、その後のキャッチボールでもそうなんです。
投げる方は、最初はゆっくりでいいので、大きくカラダを使って投げること。
捕る方も、ポケットをしっかり投げる人に向けてボールを待つこと。
そこから、少しずつ強いボールを投げていきましょう。ステップの練習なんかも良いです。
山なりのボールを投げる必要はありません。
相手に届かなくてもいいので、投げたボールがしっかりと届くイメージを頭の中で持って投げていきましょう。
続けていけば絶対に良いボールを投げることができます。

相手をよく観察しましょう
試合のとき、相手をよく観察しましょう。
どこに打てばセーフになるのか、肩は強いのか、ピッチャーはどんなボールを投げるのか、などなど、見ておくことがたくさんあります。
しっかりと見ておけば、攻撃のときに、結果を出しやすくなります。
たとえば、シートノックのときにセンターの選手が弱い山なりの送球しか出来ていないとします。
そのセンターの選手は強い送球ができないことがわかっていたら、センターに打球が行ったときに迷いなく次の塁を狙えるじゃないですか。
そういうひつひとつの相手選手の情報が、より有利に試合を進められることになるんです。

強く投げましょう
練習のときには、強いボールを投げてください。
練習のときに強いボールを投げておかないと、試合の時に投げることができません。
悪送球したって気にしない(練習の時はね)。とにかく全力で投げる習慣をつけてください。
とくかくいつでも思い切ってボールを投げましょう。

野球道具を大切にしましょう
グラブ、バット、スパイクなど、野球はたくさんの道具を使うスポーツです。
プレー中は、自分の手や足の代わりになってくれるもの。
普段している生活の中で、例えば自分の手が汚れてしまったら、すぐに手を洗うでしょ?
それと同じ考えで、道具の手入れをしておきましょう。

グラブがカッサカサになっていたり、ひもが切れていたり、ペチャンコにつぶれていたら、うまくボールを捕ることができなくなります。
バットだって、泥がべっとりとついていたり、グリップがボロボロになっていたら、うまくボールを打つことができません。

野球の道具って結構値段が高いんですよ。
それをお父さんやお母さん(もしくはおじいちゃんやおばあちゃん)が買ってくれたんですよね。
大切にしなきゃ。

時々、監督やコーチがみんなの道具をチェックしていますが、そのときにキレイな状態にしておいてください。

○グラブの手入れの ⇒ ココをクリック!
○スパイクの手入れ ⇒ ココをクリック!

声を掛け合いましょう
野球は声が大事なスポーツです。
守備のとき、あの広い球場を、たった9人で守備をします。
その9人でバッターの打つ球を捕って投げてアウトにするわけです。
どうやってアウトにするのか、選手たちが同じ考えを持たなければそれもできないのです。

誰がボールを捕るのか、どこにボールを投げるのか、誰がランナーが走ったことを教えてあげるのか、プレーひとつひとつをていねいに選手同士で声をかけあうことができれば、とても上手にプレーができるようになります。

ミスをしてしまった選手が凹んでしまったら、みんなで励ましてあげようよ。
良いプレーをした選手がいたら、褒めてあげようよ。
タッチアップがあると思ったら、その場でみんなで確認しようよ。

たとえ間違ってもいいので、とにかくみんなで声を掛け合いましょう。

思い切ったプレーをしましょう
プレーを見ていると、迷ってしまっている選手を見かけます。
もちろん判断がつきにくい場合もあるでしょうが、そこを思い切って判断をしていきましょう。

「この球を打つ!」と決めたら、中途半端な気持ちは捨ててフルスイングを心がけてください。
「このフライは捕る!」と決めたら、もちろんノーバウンドでの捕球を狙ってください。

まずは、行くか行かないかを判断ができればいいですね。

一番いけないことは、なんとなくプレーをしていることです。
野球をやるにあたって、すぐに判断しなければいけないことが必要なのです。
今のままで何となくの野球を続けていると、判断ができずに中途半端なプレーしか出来ない選手になってしまいます。

他の選手のプレーなどを見ながら参考にして、自分だったらどうするか?なんて考えてみてください。

ページ最上部へ戻る