【2016/01/11追記】

久しぶりに書かせていただきます。

まずは、筆者の都合により、7月より更新がなかったことを深くお詫びさせていただきます。

まずは、一年間お疲れさまでした。
最後の大会である、マリーンズ後援会大会を優勝したこと。おめでとうございます。
最終の大会で優勝できたというのは、選手の皆さんのこれまでの努力がカタチになったのだと思います。
本当におめでとう。

6年生12人は、次のステージに進んでいくことと思います。
選手の大半が、硬式、軟式と野球を続けていってくれると聞いていますが、ファイターズで積み重ねたことは、必ず役に立つことでしょう。

これから数ヶ月の間の期間は、次のステージに向けての準備をしていきましょうね。

その準備はいろいろあるのですが、今回は2つだけ。

中学になると、まず塁間などの距離が変わります。
また、変化球が入ってきます。

当然、ボールそのものも。

現段階で言えることをいくつかお話しをさせていただきます。

まずは、「送球」です。

送球を強く投げるように心がけてください。

ファイターズでも送球については常に強く投げるように指導を受けてきたはずですが、より強い送球を意識していきましょう。
多少のエラーも、塁間が広がることで送球さえしっかり出来ればカバーができます。
この期間に自分の投球フォームをチェックするのも良いかもしれません。

もう一つは、「スイングスピード」。

変化球が入ってきます。

バッティングポイントに呼び込むためにタイミングの取り方を変えなくてはなりません。
より良いところでボールをとらえるためには、スイングスピードを速くすることで、バッティングの動作の始動を遅らせることができます。対応がしやすくなるのです。
また、中学生の投げるボールは、当然これまでと違い威力があります。
そこに負けないためにも、です。
バットも重くなりますし、これについてはスイングの量をこれまで以上にやっていくことでしょうか。

人数の多いチーム、少ないチーム、いろいろな環境があると思います。
これは私の主観ではありますが、周りに惑わされずに自分の力を向上させることが大切のように思います。
人数の少ないところで毎回試合に出場する。そこで満足してはいけません。

逆に、人数の多いところで試合に出れなかったとしても、それでその選手だけが悪いわけではありません。

新しい環境に向けて、期待を大きく膨らませながら準備をしていってくださいね。

残された5年生以下の選手たち。

これまでの先輩たちに変わって、選手みんなが活躍する番になりました。

今年は新6年生の人数が多くありません。

たとえ学年が下であったとしても、主力選手として活躍をしてくれることを願っています。
 

頑張れ、ファイターズ!

 

【07/22追記】

関東学童県大会、準決勝での敗退はとても残念でした。

あとひといきでしたね。

敗戦の悔しさもあるでしょう。その悔しさを忘れずに、これからの練習に打ち込んで欲しいと思います。

まだまだ沢山の大会が残っています。

ひとつひとつの大会を丁寧に戦っていきましょうね。

 

夏休みに入りました。

この時期に一気に実力アップができるように、3つのことに取り組んでいきませんか?

 

  1.  1.スイングスピードの向上
  2.  2.足を使った丁寧な守備
  3.  3.いつでも強い送球

 

この3つです。
本当はもっと沢山あるんですけどねw

これが徹底できれば、より良い野球ができると思います。

頑張れ!

 

【06/22追記】

梅雨の季節、天候が不安定で思うように練習ができなくなることも多くなり、何かとストレスがたまってしまう時期。

夏の大会に向けて、ちょうどひといきつける時期でもあります。

リスタートを一気に加速できるよう、それぞれの準備をしていきましょう。

 

みんなに質問です。

自分の中に課題を持っているでしょうか?

「フライが捕れない」「バントができない」「強い打球が打てない」など、まずは自分の課題を考えてみましょう。

それには自分を知ることが大事だと思います。

監督やコーチからよく言われていることを思い出してみましょう。

思いつかない場合は、、、思い切って聞いてみるのもいいでしょう。

まずはそれを自分の課題とし、日々の練習で意識して取り組んでみることがいいと思います。

 

それができれば、一気に進歩できる。

小学生は身体も能力も、一気に成長する時期です。

今は控え選手になっちゃっているけど、数週間で一気にスタメンということもあるのです。

しかし、何も考えないと、その成長がうまく利用できない。

雨の多いこの時期に、ちょっと考えてみましょう。

 

熱中症に気をつけてくださいね。

曇り空の日でも、熱中症になってしまうことがあります。

ゴハンをいっぱい食べて、睡眠を十分にとる。

コンディションを管理することも選手の能力です。

6年生は小学生の野球が終わってしまいます。

ひとつひとつの大会を大切にしていきましょうね。

 

また、5年生は来年には最高学年になります。

5年生大会もありますしね。

意識を高めていきましょうね。

 

【06/01追記】

全日本学童県大会。残念な結果に終わってしまいました。

負けたからといって、自分を否定することはありませんから。

まだまだ公式戦が沢山残っています。
その戦いに向けて、この経験を生かしていき、さらにパワーアップをしていきましょう。

 

私が皆さんに対して感じているのは、基礎的なところをもっと大切にしてほしいということ。

守備、攻撃ともに、ふたたび基本に立ち返って、作っていきましょうね。

 

ゴロの取り方、ボールの投げ方、バットの振り方。それでいいですか?

疑問を持ちながら、練習をしていきましょう。

 

 

 

【04/26追記】

久しぶりにファイターズのみんなに会え、練習試合を観ることができました。

みんな元気そうで、また、カラダも大きくなったりして、私も嬉しかった。

 

試合を観させていただいて感じたのは、ひとつひとつのプレーをなんとなくやってしまっているなぁ、ということ。

一打席、ワンスイング、大切にしていますか?

自分の守備機会を大切にしていますか?

得点をしようと走っていますか?

私は、みんなのプレーから、そういう気持ちを感じられませんでした。

 

もっとひとつひとつのプレーを大切にしていきましょうよ。

これは、試合の時ばかりではなく、日々の練習時にも言える事です。

試合のために練習をするわけですからね。

練習で気を抜いてやっていたら、これが試合に出てしまう。

 

昨日の試合では、それが出てしまっていたのかな、と思います。

 

もうひとつ。

声が出ていませんでした。

声というのは、確認作業です。
ですので、「声を出す」というよりも、「声かけをする」という方が正しい言い方かな。
 

アウトカウント、ボールカウントはどうなのか?

バントがあるのか?

ゲッツーをとっていくのか?

前の打席はどうだったのか?

バックホームにいくのか?

試合の状況に応じて、次のプレーは変化するスポーツなので、常に声かけをして確認をし続けなければなりません。

 

失敗した選手に対して、励ましの声かけでもいいですよね。

また、フィールド内の選手だけではなく、ベンチからの声かけもしていきましょうよ。

「ウォー!」とか、意味のない叫び声は出来る限りなくして、意味のある「声かけ」をしていきましょうね。

 

野球では一人では出来ないスポーツ。

選手のみんなは、この機会に考えてほしいです。

 

 

【04/24追記】

何日か雨が続く寒い日もありましたが、やっと野球がしやすい気候になってきました。

まずは、全日本学童県大会進出、おめでとうございます。

二年前の県大会進出時には早々に敗退してしまいました。

ぜひ、その時のリベンジをお願いします。

 

 

選手のみんな、頑張っていますか?

 

そう聞けば、おそらく全員が「頑張ってます!」と答えてくれることでしょう。

好きな野球が出来るのだから。

 

みんなは目標を持っていますか?

もちろんチームとしては、全国大会出場を掲げているかと思います。

 

それでは、個人での目標を持っていますか?

「スタメンをとる!」「5割以上打つ!」「エラーなし!」「ホームランを打つ!」「声を出す!」

どんな事でもいいです、チームの目標に対して、自分の目標を掲げていきませんか?

そうすれば、今、自分がやらなければならない事が少しわかりやすくなってくるのではないでしょうか。

もっと聞きますね。

 

自分はどういう選手になりたいですか?プロ野球選手に例えてもいいです。

中田選手みたいな四番バッターですか?それとも、井端選手みたいに技で勝負したいですか?それとも、大谷選手みたいに速球投手になりたいですか?

イメージしていきましょう。

じゃぁね、それらの選手に比べて、今の自分は何が足りないでしょうか?ちょっと考えてみましょう。

わからなければ、監督やコーチに聞いてみるのも良いかも。

 

たくさんイメージをふくらませて、コツコツを技術と経験を積み重ねていきましょうね。

 

選手のみんなに強くお願いしたいのは、基礎を意識して練習して欲しいです。

コツコツと積み上げてきたものは、自分の身となります。

中学以降も小学生のときに身につけたものは、ベースになるのです。

 

頑張っていきましょう。

 

【03/17追記】

3月半ばとなり、ずいぶん暖かくなってきましたね。

また、全日本学童予選も始まりました。

選手のみんな、しっかり準備をしてきましたか?

 

ここからは秋まで大会が続いていきます。

新6年生にとっては、ひとつひとつの大会が最後の大会となるわけです。

悔いのないようにしていかなければなりません。

 

以前にもここで書かせてもらいましたが、地区大会優勝だけではなく、県大会、その先の全国大会まで本気で狙って欲しいと思います。

私自身の経験もありますが、強いチームとの対戦というのは、勝てるポイントというのが少なくなってきます。

そのポイントで、実力通りのプレーが出来るかというのが勝敗を左右してしまうのです。

少ないチャンスをどう生かせるか。。。

 

それは、日々の練習です。

日々の練習を、決して気を抜くことなくやれているか。

選手のみんなは、日々の練習を集中していますか?

自分で考えてみてください。

 

試合序盤にして大量点で試合がほぼ決まった。

そこで選手のみんなはどう考えるかです。

 

強い相手との対戦を常に意識していきましょうよ。

それが出来れば今シーズンは良い戦績を残すことができますし、中学野球に行っても、その経験が十分に生かされます。

 

頑張ろう。

 

【02/12追記】

選手のみなさん、保護者のみなさんこんにちは。
2月も半ば、少しだけ日が長くなってきましたね。

あと数週間もすれば最初の公式戦が始まり、一気にシーズンに突入していきます。

 

選手のみんなは、準備と心構えは出来ていますか?

 

「絶対に勝利を勝ち取るんだ!」という気持ちを持って臨んでいきましょうね。

 

強く投げる、強くバットを振る。

試合になったら、悩んでしまうのはいけません。

思い切りの良いプレーをしていきましょう。

 

【01/02追記】

あけましておめでとうございます。

昨年末に今シーズンの公式戦が終了したので、このページも2015年版に切り替えます。

2013年度版と2014年度版はページ最下部から見ることができます。

 

これから実質5年生がメインとなります。

3月に全日本学童の予選が始まるので、実はあまり時間がありません。

年明けから3月までの約2ヶ月ちょっとの限られた時間を、大切に使っていきましょう。

 

選手たちにお願いしたいことは、全国を目指して練習をしてほしいということです。

もちろん、目の前の大会のひとつひとつを精一杯に戦うということは大切です。

でも、君たちの実力は山武郡市の優勝ということが最終目標ではないのです。

ファイターズの選手には、その可能性はあると思いますし、私は出来ると信じていますよ。

 

現状に満足してほしくありません。

 

自分の能力をどれだけ高められるかだと思います。

それには、アップからキャッチボール、ノックのひとつひとつを大切に行うことです。

自分が出来る精一杯をやり続ける。

そうすることで、自然に能力が伸びていくことでしょう。

それには体力的にも精神的にもキツいところでしょうが、習得できたことは、能力が積み重なっていくのです。

 

監督、コーチがみんなに指導をしてくれていますが、最終的には自分がやらなければなりません。

 

その過程は、地味で面白くないこともあるかもしれませんが、先を見て頑張っていきましょう。

 

私もみんなの頑張りを、見にグランドにおじゃましますね。

ページ最上部へ戻る